『ARK』Dragon攻略 ~必須Tekエングラムを手に入れよう~

PvPで必須のTekエングラム「トランスミッター」と「テレポーター」を手に入れるには、ドラゴンアルファをクリアする必要があります。

しかし、クモと違い人数も物資も必要なドラゴン攻略は、なかなか一筋縄ではいきません。
今回はそんなドラゴン攻略で最近の主流となっている方法を紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ドラゴン攻略のための知識

ドラゴンの戦闘AIは割と単純で、なおかつ行動変化がわかりやすいので慣れてくればイレギュラーな自体も起こりにくいです。

おおよその行動パターンとしては、

・飛行してファイヤーボールを撃つ。
・飛行してプテラやディモルフォドンを召喚。
・着陸し、最も近い敵にブレスや噛みつき攻撃をする。

これら3つがほとんどです。自分が把握していないパターンもありそうですが、そうそう変わった行動は起こしません。

それぞれの行動時にすべきこととしては、

・飛行してファイヤーボールを撃ってきたらみんなで頑張って避ける。
・プテラを召喚したらレックスの元にみんなで集まり、レックスにプテラを処理してもらう。
・ドラゴンが着陸したら、シカに乗っているプレイヤーのうち1人がドラゴンの足元に走り込んで注意を引きつける。その間にみんなでショットガンを撃ちまくる。

といった感じです。

ちなみに、動画を見ればわかるように、持ち込む恐竜はレックスとシカです。

レックスはプテラノドンやディモルフォドンの処理を担当し、シカはドラゴンの足元でドラゴンの注意を引きつける役割を担います。

動画ではレックスがかなり多いのですが、射線の妨げになるので2~3頭もいれば充分かな?とも思います。(出来ればメイトブーストは乗せる)

シカについては、高レベルの個体&高品質のサドルを装備するようにしたほうがいいです。

シカとレックスの割合としてはシカを多めにして、ファイヤーボールを避けやすいようにします。最も危険なのはファイヤーボールだと考えておいてください。

ファイヤーボールが直撃すると、乗っている恐竜諸共プレイヤーが死ぬ可能性があります。

ドラゴン戦に参加するプレイヤーは最低限のHPは確保しておいたほうが無難です。おそらく300もあれば大丈夫かなと思いますが、心配ならエナジーブリューを多めに持ってください。

用意するもの

数が多いので、忘れ物をしないようにしっかり確認してください。

・レックス(さほど強い個体じゃなくても大丈夫)
・シカ(インプリ込みの高レベルで、高品質サドルが望ましい)
・スイートベジタブルケーキ10~20個(シカ1体あたり。数は重量と相談)
・ショットガン(職人以上を人数分)
・ショットガンの弾x400~500(1人あたりの所持数。重量がキツいならレックスに持たせておきます)
・金属鎧(1人あたり2セットは持ちましょう。出来れば高品質のものがいいですね)
・エナジーブリューx30(1人あたりの所持数)
・食料(フィールドが暑いので水は必須)
・一緒にドラゴン戦をしてくれる仲間x9(プライスレス)

ドラゴン攻略に関してのデータと考察

引用元:https://ark.gamepedia.com/Dragon
:https://wikiwiki.jp/arkse/Dragon

ガンマ ベータ アルファ
エレメント 40 110 220
供物 ガンマ ベータ アルファ
要求レベル 55 75 100
狡猾のアーティファクト 1 1 1
免疫のアーティファクト 1 1 1
天帝のアーティファクト 1 1 1
強者のアーティファクト 1 1 1
アロサウルスの脳 0 5 10
バシロサウルスの脂身 0 5 10
ギガノトサウルスの心臓 0 1 2
トゥソテウティスの触腕 0 5 10
ティラノサウルスの腕 0 5 15
ユウティラヌスの肺 0 5 10

ドラゴン戦は甘い装備をしていると事故死することが多いので、人数は上限10人で行ったほうがいいですね。

また、ショットガンで討伐する以外にもレックスでゴリ押しする戦法もあるみたいですが、レックスの死亡率が高すぎるし人数がいても失敗する恐れがあるのでオススメしません。

最後に

ギガノトの心臓って地味に集めるの面倒なんですよね……。
なのにPvPってキャラロスすることが多いので割と頻繁にドラゴンに行かなきゃならないという。

トランスミッターとテレポーターって本当にないとプレーに支障をきたしますし、使えないと不便すぎてイライラしてしまうから質が悪い(笑)

ドラゴン戦は人数が必要なので、クモ以上に準備が大変です。
強いシカとレックスを用意して、万全の状態でドラゴン戦に望みましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする