『DbD』微課金向けオススメキラー紹介 ハグ&カニバル

DbDを始めてしばらくすると、課金キャラクターしか持っていない能力やパークがかなり魅力的に見えてくると思います。そういったパークは毎週更新される聖堂で入手することもできますが、聖堂で登場するパークはけっこう偏っています。

必須パークほど出ない気がするのは気のせいだろうか……。

また、課金で買うにしても現在は追加コンテンツもそれなりに数が増えましたし、全キャラコンプリートするほど課金する気はないという人もいるでしょう。

今回はそういう人向けのオススメキラーを紹介していきます。微課金で最大限DbDを遊び倒しましょう!

スポンサーリンク

オススメ課金はハグ&カニバルのDLC


個人的に最もコスパが良いと思っているのが、ハグとカニバルの課金購入です。

理由はそれぞれが持っている強力なティーチャブルパークにあります。まず、ハグが持っている「呪術・破滅」は全てのキラーにマッチする最強パークです。これがあるかないかでサバイバー側のストレス指数は桁違いになりますね。

そしてカニバルが持っている「バーベキュー&チリ」はBP稼ぎにもってこいな能力で、さらに強力な索敵性能を持っています。内容的には1つのパークに2つのパークが合体していると言っていいレベルです。

こういうパーク基準の買い方には疑問を覚える人もいるかもしれません。しかし、キラーはパークがキャラクター固有の能力並に強いので、個人的にはパーク先行でのキャラ買いもアリなんじゃないかな~と思っています。

ただ、カニバルはバベチリ引き換え券と呼んでも差し支えない弱キラーなのでそこは注意かもしれない……。(カニバル使いの人はすみません)

購入方法はオーリックセルではなく、チャプターで

オーリックセルはゲーム内ストアから購入できるのでついつい釣られてしまいますが、キャラクター購入に使うのは損です。steamで確認するとわかりますが、キャラクターはsteamストアでチャプター買いするのが安上がりです。

オーリックセルはあくまでアバター用の通貨であると認識しましょう。自分は勘違いして若干後悔しました……(笑)

各DLCのキャラクター紹介

ここからは各DLCの内容紹介&考察です。

ハグ 必須パーク「破滅」持ち

キラー最強パークと呼ばれる「呪術・破滅」を持っているハグ。以前は弱キラーでしたが、最近のパッチで固有能力とアドオンが強化されたため中々強くなりましたね。

「呪術・貪られる希望」も優秀なパークで、ハグの能力と噛み合っています。ティーチャブルパークが全て呪術なので呪術コレクターならぜひ欲しいキラーでしょう。

能力

黒ずんだ触媒
・幻像の罠を10個作成・保持する能力を得る。
・40メートル以内の発動した幻像の罠に一瞬で移動する能力を得る。

地面に罠を描き、サバイバーが罠を踏むと幻像を生み出しその場にワープすることができます。
使い方としては、

・パレットの前後に罠を描いて、パレットが倒された瞬間にサバイバー側にワープできるようにする。
・吊ったサバイバーや呪術の回りに罠を描いて、警報トラップとして使う。
・チェイス中に罠を描くことで窓枠ループを逆手に取る。

などがあります。似た性能のトラッパーと比べ、設置数が最大10個と多めで設置速度も早いのが利点。欠点は罠自体に妨害性能がないので、考えて設置しないと効果が薄い点ですかね。

パーク解説

呪術・第三の封印
オーラ可視能力を妨げる呪い。生存者を攻撃すると視覚消失効果を付与する。呪いの効果は最後に攻撃した2/3/4人に有効。

攻撃したサバイバーのオーラ可視能力を消すパーク。共感などパークによるオーラ可視能力も消えてくれるので、サバイバーが連携しづらくなる。

それと成功した場面はあまり見たことがないですが、人によってはパーク・鹿猟師(36m以内の這いずりサバイバーを見ることができる)と組み合わせて全員這いずり状態を目指すこともあります。ロマン戦術ですね。

呪術・破滅
2/3/4人の生存者が破滅の呪いにかかり、次の効果を受ける。
・スキルチェック成功:グッド発生時、発電機の修理が5%減少する。
・スキルチェック成功:グレート発生時、発電機の修理進行ボーナスが0%になる。

最強の遅延パークです。ハグをオススメする最大の理由がコレ。

あまりにも強いので、破滅の存在が明らかになった時点で修理を止めて呪術を探しに行く人も多いです。

補足として、サバイバーは修理→立ち上がる→修理といったように屈伸運動をすることでスキルチェックを回避することができますが、いずれにせよ大幅な遅延を受けることになるでしょう。

呪術・貪られる希望
生存者がフックから救助されたとき、24メートル以上離れていれば、パーク「貪られる希望」はトークンを獲得する。
・2トークン:生存者をフックに吊るしたあと、移動速度が10秒間5%上昇する。(パークLv3のみ)
・3トークン:生存者が無防備効果に苦しむ。(Lv2から追加)
・5トークン:殺人鬼が自らの手で生存者を殺害できるようになる。(パークLv1から追加)

ヒルビリーやナースなど、移動能力を持つキラーが使うことが多いパークですね。ハグもフックから離れてからワープで移動可能なので、貪られる希望とは非常に相性が良いです。5トークンまで伸ばすのは厳しいですが、3トークンまでなら十分達成可能です。

エース 宝箱好き御用達サバイバー

ハグのオマケ。必須系のパークは持っていないのですが、面白いパークが多いので持っていて損はないです。キラーメインの紹介なので流し気味に紹介していきます。

手札公開
あなたと仲間の潜在的なオーラ可視能力を強化する。
・オーラの可視能力の有効範囲が4/6/8メートル上昇する。
賭け金のレイズ
自分以外の生き残っている生存者1人ごとに、生存者全員の運が1/2/3%増加する。
最後の切り札
チェストからアイテムを取得したとき、100%の確率でベリーレア以下のアドオンが1つ付与される。さらに10/25/50%の確率でアンコモン以下のアドオンが見つかる。

「手札公開」と「賭け金のレイズ」はパーティで使うと光るパークですね。特に「賭け金のレイズ」は効果が重複するので、全員運装備にすればフック脱出をほぼ確実にできる状態にできます。これは初吊りで救助に行かなくて済む分、かなりの時間節約になります。

「最後の切り札」はソロ向けですね。好きだけどネタ枠感は否めない。

カニバル バベチリ引換券。永遠のバフ待ち

ヒルビリーと同じ一撃必殺のチェーンソー持ち。ヒルビリーのチェーンソー攻撃が直線ダッシュなのに比べ、カニバルは小回りの効く攻撃になっている。正直あまり強くないですが、チェーンソーでの複数人キルなどロマンはあります。

能力

ババのチェーンソー
・発動すると、一定時間のなぎ払い攻撃を開始する。
・1回で複数の対象に攻撃を当てることが可能。
・障害物にぶつかるとカニバルは癇癪を起こし、周囲に無差別ダメージを与える。
・攻撃が命中すると、生存者は瀕死状態となる。

カニバルのチェーンソーが一番最も輝くのは、サバイバーが地下で生存者を救出した直後の場面。狭い階段で連続キルを決められるとかなり気持ちがいいです。ただし成功率は低い。

パーク解説

ノックアウト
攻撃された生存者は瀕死状態のとき、32/24/16メートル以上離れている味方から探知されなくなる。
バーベキュー&チリ
生存者をフックに吊るした後4秒間、フックから52/46/40m以上離れたすべての生存者のオーラを視ることができる。また、各生存者を初めて吊る度に、全獲得ブラッドポイントが15/20/25%増加する。この効果は重複し、獲得ブラッドポイントは最大60/80/100%増加する。
フランクリンの悲劇
攻撃を受けた生存者は衝撃でアイテムを落とす。落ちたアイテムはチャージの基本量の0/5/10%を失う。

「バーベキュー&チリ」は本当に便利です。キラーをただのブラッドポイント稼ぎと割り切っている人は絶対に積むべきパークですね。

「ノックアウト」はネタ枠……ですかね。使われて困った記憶がないです。

「フランクリンの悲劇」は後出しが可能なキラーならではのパークで面白いです。ただ、あんまり相手がアイテムを持っているようなら素直に部屋を建て直すのも手ですね。

最後に

多少のナーフ&バフがあっても、破滅とバベチリの地位は揺るがないと思います。これからDbDがどういうアップデートを続けていくのかはわかりませんが、この2つのパークが選択肢から外れるくらいの面白いor強いパークが出てきてくれると良いですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする