『R6S』サブ垢が増えた原因の考察

サブ垢に関する問題は古今東西あらゆるオンラインゲームで話題になってきました。上級者の雑魚狩りだとか、暴言のためのサブ垢とか、シージだと下げランもありますね。

しかし、自分の知る限りこれらの問題は初期のシージにはほとんど見受けられませんでした。データを元にした話ではないので体感でしかないのですが、本当に最近になってサブ垢プレイヤーが増えたように感じています。

この記事ではなぜサブ垢が増えたのか、この問題についてどう考えるべきかを考察していきます。(単なる愚痴回です)

スポンサーリンク

サブ垢が増えた原因

サブ垢がなぜ増えたのか、理由を以下に書き連ねていきます。

度重なるセールによるアカウントばら撒き

↑はsteamにおけるシージの価格変動を表にしたものです。

見てわかるように2017年2月頃から一気に値下げされています。思うにこの大幅な値下げでサブ垢が蔓延るようになってしまったと思うんですよね~。まあ、値下げ自体は悪いことではないのです。自分の知り合いにも値下げを機にシージを始めた人は多かったですし、この頃からシージ周りの盛り上がりは加熱していきました。

ただ、ゲームの低価格化はサブ垢の作りやすさに直結します。なんたって6000円のゲームが2000円まで値下げされたわけですからね。同じ値段で3つアカウントを持てるんだからサブ垢が増えるのは当然のことです。

低価格化による民度の低下

サブ垢問題とはちょっと毛色が違う話になりますが、ゲームの低価格化はプレイヤーの民度を下げてしまいます。例えるならマックとモスの客層の違いみたいなものですね。

無料ゲーは大体民度が低いですし、逆に有料ゲームは民度が高いです。ちなみに個人的にR6Sの民度は高いほうだと思っています。以前に比べて安くはなりましたが、それでもまだ1000~2000円はしますからね。無料ゲーに比べれば現状はまだマシです。

高レート帯の過疎

配信を見ていると、高レート帯の人たちはサブ垢を使う理由に「メインだとマッチングしないから」とよく答えています。高レート帯まで行ける人は一握りだけですからね……。他ゲーでも高レート帯はマッチングにやたらと時間が掛かるものです。

でも、それってサブ垢で無双する理由になるんでしょうか? マッチングしないを免罪符にして、サブ垢でランクを回すのは単なる荒らしでしかないですし、健全なマッチングを乱す迷惑行為になります。

プロが練習でサブ垢を使う

プロチーム所属でサブ垢を使っている人もいます。動画を見てみると有名所はちゃんと本垢でプレーしているのですが、一部の人たちは動画内で複数垢使っていたりゴールド帯の試合で無双動画を撮っていたり……。

こういうのはプロがやっているから自分たちもやっていいんじゃないかっていう流れを作ってしまうので、プロがサブ垢で一般人を練習台にする行為はやめて欲しいですね。プロで頑張っている人は応援したいけどさすがにサブ垢使いのプロは応援できません。

現状をどう考えるべきか

ここまでサブ垢が増えた原因についてざっと考えてきました。やはり主な要因は安売りセールと高レート帯の過疎でしょう。

もちろんそれ以外にもサブ垢を作る理由ってのはいろいろあります。新規で始めたフレンドと遊ぶためや、知り合いにログインを知られたくないからってやつ。そういうのはある程度は仕方ないんですけど、レートバランスを壊すのだけはやめてもらいたい。

……まあ正直、サブ垢をどうにかする手立てはまったくありません。マナーの問題ですし所詮はゲームなのでやりたい放題です。過去どんなゲームもチートはどうにかできてもサブ垢に対処できたことはないです。

なのでこの記事も単なる愚痴にしかならないでしょう。

しかし、少なくとも記事を読んだ人にはサブ垢に迷惑している人がいるということを知っておいてもらいたいです。今後サブ垢を作ろうと考えている人や作った人は、サブ垢使いに迷惑している人がいるということを思い出してプレーしてください。少しでも良心があるならやるべきことはわかるはずです。

最後に

いやー最近のゴルプラ帯ってマジでどっちのチームがより多くのサブ(プロorダイヤ)を引くかのゲームになってて試合にならないんですよねぇ……。

拮抗した試合が中々無くて大体サブ垢が凸して無双していきます。(そういうのはたまにチーターだったりもする)

フルパに蹂躙されたりってのはまだ勉強になりますけど、サブ垢は一人で勝手にゲーム決めるからどうしようもない。シーズン閉幕前も平和そうに見えてメイン垢をダイヤで確定させたい勢がいたりでまた混沌。

大体どのゲームも成熟してくると中堅層が割食っていくものですがシージもそういう段階に入ったのかもしれないっすね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする