『R6S』MAP別定石・攻略紹介 要塞 ベッドルーム編

共同部屋編に引き続き、ベッドルームの定石・攻略紹介をやっていきます。

ベッドルームは隣接しているバスルームが非常に堅いため、防衛側はバスルームを中心に守ることになります。対する攻撃側はバスルームを避けて、ポイントを囲む廊下の主導権を奪いに行く展開になることが多いですね。

この記事では攻撃・防衛それぞれの視点での定石・立ち回りを紹介します。

スポンサーリンク

攻撃側の攻め方

攻撃側が攻めるべきエリアは展示室と展示室に繋がる廊下です。この一帯を制圧できればかなり有利に立ち回ることができます。ベッドルームにおいては、攻撃側は設置をチラつかせながらのキルゲームを目指すことが多いです。

初動のクリアリングは共同部屋サイドから

攻撃側は最初からポイントを攻めるのではなく、共同部屋前の廊下からクリアリングしていきましょう。途中の階段にはノーマッドの罠やクレイモアを仕掛けておくと良いです。

展示室を制圧できれば勝ちパターン

共同部屋前廊下をクリアリングしたら次は展示室です。このあたりは確実に遊撃が潜んでいるので、盾持ちでプッシュするなりグレネードで飛ばすなりして制圧します。

攻撃側は展示室を制圧できるかどうかがキーです。展示室が取れていればこの長いL字を好きに使えるので、設置地点A・Bを臨機応変に攻めれるようになります。

開通場所はこちら

展示室の主導権が取れたらテルミットで廊下の補強壁を割ります。この射線が通ることで防衛側はコマンダーオフィスに篭もることができなくなり、攻撃側は設置を狙うことができます。

設置場所候補

設置場所は防衛側の工事次第なところがありますね。相手がコマンダーオフィスを工事していなければコマンダーオフィスに設置でいいですし、バスルームからコマンダーオフィスへのプレッシャーが強ければスモークを炊いてベッドルーム設置を狙います。

テルミットが生き残っていて工事ができるならここの設置が一番安全です。

防衛側の守り方

防衛側はバスルームを固めた上で展示室周辺をしっかりケアしていきたいです。遊撃は共同部屋あたりにまで出張して大きく裏取っていくと、攻撃側に強いプレッシャーを掛けることができます。ベッドルーム防衛はかなりの割合で遊撃の出来に左右されるエリアだと思います。

バスルームの工事(ミラポジ)

各ポイントを覗くためのミラポジです。どちらにも移動用の開通工事をしておきましょう。

アッシュに崩されやすいですが割と人気なポジションです。野良では上の1枚目とここのミラが多い印象ですね。

敵が廊下から攻めてきたらアーチ状の柵かバスタブを利用して応戦してください。バスルームは守りやすいですが、敵に奪われたら致命的なポジションです。遊撃が人数有利を作ってくれるまでは絶対に死守しましょう。相手が展示室を攻めているときは裏取りを狙うのもアリです。

ミラ無しの場合インパクトグレネードが必要な箇所

ミラがいない場合は、バスルームとベッドルーム、バスルーム・コマンダーオフィス間を工事します。バスルーム・コマンダーオフィス間は開通せずに、覗き穴だけ作るのでもOKです。

C4ポジション

工事中のテルミットやドローンを覗いている敵を倒せます。

主要な防衛場所

ポイント付近を徘徊する遊撃は展示室とタワー階段を守りたいです。ブリッツやモンターニュを出されるとキツいので、リージョンがいると耐えやすいですね。

飛び出し・突き上げ場所

相手がクレイアモを仕掛けていなければ共同部屋前の廊下から外に飛び出せます。早すぎると警戒されていてカウンターを食らうし、遅すぎると展示室に入られてしまうのでタイミングが難しいです。

展示室周辺はパルス・ヴァルキリーで突き上げC4を狙えます。

攻撃側の必須オペレーター

割り職コンビは必須です。(テルミットの代わりに火花でもOK)

ピックしておくと便利な攻撃オペレーター

アッシュはベッドルームのミラ破壊。ジャッカルは遊撃対策。バックは展示室への突き上げや、上で紹介したバスルームのC4穴にグレネードを放り込めたりと汎用性が高いです。

防衛側の必須オペレーター

jagar

イェーガーが有刺鉄線とADSを置くだけでバスルームがかなり固くなります。ミラは安定して強いです。

ピックしておくと便利な防衛オペレーター

バスルームのバスタブが絶対的に安全なのでエコーやマエストロのどちらかをピックしておくと妨害工作が捗ります。特にエコーは展示室周りの遊撃を援護できるとかなり強いです。

バンディットは展示室に面した補強壁に電流を流しましょう。

最後に

ベッドルーム防衛はバスルーム・展示室というわかりやすい要所があって比較的理解しやすいエリアだと思います。

ただ、そういう攻めと守りのやることがわかりやすいエリアは遊撃が動きやすくて、攻めるときは裏取りが怖くて毎度ひやひやします(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする