世界最大級の無料ゲームプラットフォーム「CrazyGames」が凄い

steam・ハンゲーム・@nifty・その他個人サイトなど無料ゲームが遊べるプラットフォームは色々とありますが、CrazyGamesは名前の通りクレイジーなほど大量の無料ゲーにまみれた巨大サイトです。

公式サイトリンク:https://www.crazygames.com/
wikipediaリンク:https://nl.wikipedia.org/wiki/CrazyGames

↑wikipediaのページは英語で書かれているのでgoogleの翻訳機能でざっと読んだだけなのですが、

・ユニークユーザー500万人
・月間訪問者1000万人
アメリカの学校で4番目にブロックされている
・デロイトベルギーの10の新星の1つにノミネート

といった具合によくわからない凄さが書かれています。

アメリカの学校で4番目にブロックされてるってのは、たぶんパソコンの授業中にCrazyGamesで遊ぶヤツがいて困るからだと思います(笑)

私はこのサイトをTwitchのLoL配信者がinQ待ちの間に遊んでいるのを見て知ったのですが、自分で触ってみるとこれがけっこう面白いです。

特にオススメなのは「Hole.io」と「UNO」ですね。

スポンサーリンク

Hole.io

自分自身が穴になり、地上のあらゆるものを吸い込んでどんどん大きな穴になるゲームです。

フィールドには他にも穴と化したプレーヤーが存在し、より大きくなったプレーヤーが他のプレーヤーをも飲み込むサバイバルを繰り広げます。

最終的には時間切れになった時点でもっとも大きな穴になった者が勝つシンプルでありながら癖になる面白さのゲームです。

UNO ONLINE

UNOです。UNO宣言のやり方が若干わかりにくいですが、ルールはそのまんまなので一度やったことがある人ならすぐに慣れると思います。

ONLINEと銘打ってありますがオンライン対戦ではないです。懐かしすぎるゲーム。

他にも種類豊富

配信者の人がやっていたものだと、他にはFPSだったりローグライク系もあったりととにかくバリエーションが豊かでした。

それらが全部ブラウザゲームとして遊べるので、実際触ってみると学校にブロックされるのも当然だなとすぐ納得できます。自分が中学生ならパソコンの授業が終わるまでひたすらやっていただろうな~。

なお広告は多め

おそらく全部無料ゲームなので、当然ですがプレーの前には頻繁に動画広告が出ます。広告はけっこう鬱陶しくて人によってはげんなりするかもしれません。

ただゲームによって広告の頻度は違うような気もします。(まださほど触りまくってるわけではないので詳細は不明)

最後に

メインゲームのマッチング待ち中に遊んだり、単に暇潰しに遊んだりとちょっとした隙間を埋めるのに役立つゲームサイトです。興味を持ったならとりあえず触ってみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする