『R6S』MAP別定石・攻略紹介 オレゴン 地下編

どーも、今回はレインボーシックスシージの初心者・中級者向けの定石紹介です。
シリーズ第1回の今回はオレゴンの攻め・守りをそれぞれメモ的に記していきます。(地下・2階・キッチンの全3回予定)

ランク帯で毎回お決まりのように使われている定石なので、けっこうランクを回してる人からすれば「んなもん誰でも知っとるわい」と言われてしまいそうですが、まあ初心者さんには役立つかもしれない知識……ということで。

※大会などで使われている爆弾ルールを前提に話を進めていきます。

これまで紹介したMAPを一覧にしたページです。
スポンサーリンク

オレゴンの防衛場所の定石

基本的に洗濯室(地下)>子供部屋(2階)>キッチン>塔の順に選ばれることが多いです。
地下と2階はかなり防衛が有利で、キッチンはやや攻撃側が優勢かな?という印象です。

洗濯室(地下)の攻め方・守り方

画像は地下防衛において最も重要で守るべきミラのポジションです。

防衛側のポイントマン(爆弾設置地点を守る役)はこのミラポジションから相手のディフューザー設置を妨害し、また、攻撃側はこのミラをスモークグレネードやツイッチのショックドローンで無効化しようと試みます。

一方、対する攻撃側が目指す設置位置は以下の箇所です。

この位置でディフューザーを設置するために、攻撃側は防衛側の遊撃を地下に追いやり、洗濯室を上から安全に覗き込めるように態勢を整えていくわけですね。

↑上から覗き込むポジションをこのように確保できると、攻撃側は防衛側にかなりのプレッシャーを与えられるようになります。

1階と2階の遊撃を排除したら設置を狙います。このとき、ホールからも攻めれると設置の成功率が高まります。フラッシュバンは忘れず投げましょう。

上のように攻められると防衛側はよろしくないので、こんな風にホール上を開通したりして上手く攻撃側の遊撃潰しを躱して裏を突くわけです。

補足1:反対側の守りについて

もう1枚のミラーは反対側の守りに使います。設置場への入りと落とし戸の着地を見れます。

補足2:防衛側で積極的にキルを狙う場合

初動から中盤にかけてキルを狙えるポイントを紹介します。
画像をざっくり並べるので参考にどうぞ。かなーりワンパターンですが(笑)

洗濯室(地下)の定石的な攻撃・防衛オペレーター

攻撃側の必須オペレーター

この2職は必須です。洗濯室真上の天井を割るための火花。洗濯台上にミュートがガジェットを2台置くと火花の点火が妨害されてしまうので、それを防ぐため・ヴァルキリーカメラやエラのトラップ排除するためのサッチャー。

ピックしておくと便利な攻撃オペレーター

ミラを割るならツイッチ。ディフューザー設置の際だけミラを煙で邪魔するならカピタオかジャッカルといった感じ。カピタオは燃焼ガスでミラポジを攻めれるのが強く、ジャッカルは遊撃を潰すのに重宝します。

防衛側の必須オペレーター

オレゴンは大体ミラが仕事をします。バンディットはそのミラを火花から守るためにピックします。

ピックしておくと便利な防衛オペレーター

設置ポイントがほぼほぼ決まっているので、スモークはかなり有効です。ミュートは洗濯室の落とし戸を守るのに使います。カイドであれば餅つきも可能です。

ミュートポジ

ミュート対策

画像のようにヒートチャージを貼り付けて起動できれば、壁と一緒に落とし戸も破壊することができます。

最後に

定石が絶対的に正しいとは思いませんが、意思疎通の難しい野良が連携を実現するには定石は必要なものだと思います。

理想はフルパで連携!なんですけどね。気の合うメンツを集めるのも難しいですし。

次回は子供部屋(2階)の紹介をしていきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする